サナ (カテゴリ TWICE (韓国の音楽グループ))
(英: Sana、韓: 사나、1996年12月29日 - )は、日本出身のアイドル。韓国のガールズグループTWICEのメンバーである。本名は湊﨑紗夏(みなとざき さな、英: Minatozaki Sana、韓: 미나토자키 사나)。 血液型はB型。TWICE
13キロバイト (1,328 語) - 2020年12月25日 (金) 05:25



(出典 korepo.com)


可愛すぎます😍

【TWICE ジョンヨン、インスタでサナの誕生日を祝福 ダヒョンもストーリーズで動画をアップ#TWICE】の続きを読む


サナ (カテゴリ TWICE (韓国の音楽グループ))
(英: Sana、韓: 사나、1996年12月29日 - )は、日本出身のアイドル。韓国のガールズグループTWICEのメンバーである。本名は湊﨑紗夏(みなとざき さな、英: Minatozaki Sana、韓: 미나토자키 사나)。 血液型はB型。TWICE
13キロバイト (1,328 語) - 2020年12月25日 (金) 05:25



(出典 k-plaza.com)


可愛すぎます😍

【TWICEサナ、本日(12月29日)誕生日!可愛すぎる未公開SHOT大放出【PHOTO】】の続きを読む


TWICE(トゥワイス) TWICE (日本の音楽グループ) - 日本の2人組音楽ユニット。2009年デビュー。 TWICE (韓国の音楽グループ) - 韓国の女性アイドルグループ。2015年デビュー。
301バイト (29 語) - 2020年3月14日 (土) 01:42



(出典 cdn.livedoor.jp)


TWICEの新曲に大歓喜!

【TWICEを5年間追い続けてわかった「本当のスゴさ」】の続きを読む


2020年9月21日、ショウタロウとソンチャンが新メンバーとして加入することが発表された。9月22日、23人のメンバーが出演した「NCT 2020 YearParty」が公開された。10月12日、合計23人のメンバーが参加する「NCT 2020」プロジェクトを通じ、フルアルバム「NCT The 2nd Album
221キロバイト (17,597 語) - 2020年12月28日 (月) 08:33



(出典 www.kpopmonster.jp)



【動画の再生回数が「BTS超え」!韓国で注目集める日本人メンバー2人】の続きを読む



(出典 i.ytimg.com)


あげてほしい音楽、アーティストがあれば教えてください🙌

【TREASURE、デビュー後初のフルアルバムでカムバック!「THE FIRST STEP : TREASURE EFFECT」を来年1月11日にリリース】の続きを読む


V(ブイ・ヴィ、韓: 뷔、1995年12月30日 - )は、韓国出身の歌手、俳優、シンガーソングライター、音楽プロデューサー、写真家。韓国の男性アイドルグループBTS(防弾少年団)のメンバーである。本名はキム・テヒョン(韓: 김태형、漢: 金泰亨)。愛称はテテ(韓: 태태)。
26キロバイト (2,596 語) - 2020年12月19日 (土) 06:03



(出典 i.pinimg.com)


かわいすぎんか😍

【BTS V、大好きなシュガに“大激怒”していた! ゲームに勝ちたい気持ちが強すぎて思わず出た言葉とは…?】の続きを読む


V(ブイ・ヴィ、韓: 뷔、1995年12月30日 - )は、韓国出身の歌手、俳優、シンガーソングライター、音楽プロデューサー、写真家。韓国の男性アイドルグループBTS(防弾少年団)のメンバーである。本名はキム・テヒョン(韓: 김태형、漢: 金泰亨)。愛称はテテ(韓: 태태)。
26キロバイト (2,596 語) - 2020年12月19日 (土) 06:03



(出典 i.pinimg.com)


素敵な曲です🥺✨

【V(BTS)、クリスマス迎え新曲「Snow Flower」発表=「温かい慰めと幸せを感じてほしい」】の続きを読む


SEVENTEEN(セブンティーン、朝: 세븐틴)は、韓国の13人組男性アイドルグループ。Pledisエンターテインメント所属 。2015年5月26日に韓国デビューし、3日後の5月29日にミニアルバム『17 CARAT』発売及びデビューショーケースを行った。2018年5月30日にミニアルバム『WE
61キロバイト (4,173 語) - 2020年12月20日 (日) 06:56



(出典 api.time.com)


たまらんです🥺

【【公式】「SEVENTEEN」、「My My」ホリデーバージョンサプライズ公開…「カラット」へのサプライズプレゼント】の続きを読む

このページのトップヘ